千葉の葬儀の風習には夜通し通夜を行う「夜伽」とは

お葬式と言うと「お通夜」をし、「葬儀」を終えてから「火葬」を行い「納骨」をするのが一般的です。

ドラマや映画で見るお葬式もそうですよね。

東京や各都道府県の大都市では今述べた「後火葬」を行いますが、地域によっては「前火葬」を行うところがあります。

千葉県を例に挙げると、は千葉市周辺の大都市では「後火葬」を行い、千葉郊外では「前火葬」を行います。

館山市など房総地域では「お通夜」の翌日に「火葬」をし、その後に「葬儀・告別式」を行い、その当日に「納骨」を済ませます。

地域によってですが『葬式組』や『班』と呼ばれる組織があり、寺院との連絡、葬儀の準備等を手伝ってくれます。

この『葬式組』や『班』と呼ばれる組織は、地域の近隣住民の方々で組まれ機能しています。

時代が変わり人々のライフスタイルも変化して行き、葬儀も都市化・合理化されて来ています。

そんな中、時代とともに無くなっていってしまった風習が農村部や房総地域などでは今も残っています。

又、千葉県では「お通夜」のことを「夜伽(よとぎ)」と呼ぶ地域があります。

「夜伽」とは個人のそばで過ごすことを言います。

具体的に何をするかと言うと、夜通し起きて、寝ずに番をします。

夜通し起きていますので飲食を伴い、このとき持ち寄られた飲食を「夜伽見舞い」と言います。

都市部では2~3時間で終わる「半通夜」が一般的ですが、夜通し通夜を行う「夜伽」が残っているのも千葉の風習です

千葉の風習にも対応している【博全社】にご相談下さい。