家族葬をするうえで、注意しておきたいこと

東京や千葉、埼玉など都市部と呼ばれる地域では「家族葬」の需要が伸びています。

では、なぜ都市部と呼ばれる東京、千葉、埼玉などで需要が伸びているのかと言うと、一家族の人数が、地方に比べると少ない地域であり増加傾向にあるからです。

「家族葬」は一般的な葬儀に比べ小規模な葬儀ですので費用面でのメリットが大きくあります。

会葬者への食事や香典返しの負担も少ないですし、故人とゆっくり別れることが出来ます。

他には葬儀のスタイルを自由に選ぶこともできます。

特定の信仰がない、お別れでしんみりしたくない、故人が好きだった音楽を流したい等、読経や焼香といった宗教儀式のない無宗教葬やお別れ会にすることもできます。

お通夜を行わず、告別式の1日だけでお別れする1日葬も近年増えています。

次に家族葬をするうえで、注意しておきたいいくつかを紹介します。

①どうして葬儀に呼ばなかったのかと葬儀後に連絡がくる可能性。

②故人に以前香典をいただいたと、葬儀後に香典を渡される。

③参列者を限定するので香典の総額が少なく、一般葬より支払いが多くなる。

④葬儀後、焼香をあげさせて欲しいと自宅へ弔問に来る。

⑤寝台車やスタッフの訪問等で近所の方に伝わってしまう。

こういった可能性が葬儀後に起こり得るかもしれないと頭の片隅に置いておきましょう。

①の場合はしっかりと訃報の案内を送る時に知らせるか、案内を送らないのであれば電話でしっかりと家族葬を行うことを伝え、会葬を辞退すると伝えたほうがいいでしょう。

近年、需要の増えるている葬儀『家族葬』とはどういうものか

近年、東京や千葉などでは家族葬の需要が伸びています。

東京、千葉、各都道府県の都市部で増えてきている家族葬とはどんなものかと言うと、参列者は家族や友人、親しい方々に限定し少人数でゆっくりとお別れすることが出来る小規模な葬儀です。

「家族葬」という名前だけ見ると家族のみで行うもの、と思われがちですが、一般的な葬儀同様に親族や友人を呼ぶこともできます。

親しい方のみで見送る家族葬では、ご近所の方や仕事関係の方はお呼びしませんので、葬儀に参列される方の人数は10~20人規模の割合が多いです。

親族や親しい方をどこまで呼ぶのかは、故人と生前の付き合い、家族との今後の付き合いを考慮したうえで、決めるのがいいでしょう。

家族葬は親族をどこまで呼ぶかといった決まりがないので、誰を呼ぶべきか考えがまとまるまで時間がかかります。

家族や大切な人が旅立った直後となれば、なおさら考えることが出来ません。

万が一に備え、大切な人が旅立ったとできるだけはやく連絡出来るように、親族をどこまで呼ぶのか事前に話をしておきましょう。

最近では故人の希望に添えるように終活を行う方も増えています。

参考サイトのご紹介⇒http://www.sankei.com/life/news/150930/lif1509300011-n1.html

誰を呼ぶか考えているとき、例えば「この人は遠縁だし、あまり会わないからなぁ」と迷った場合はお呼びしたほうがいいでしょう。

参列するかしないかはご本人次第ですが、迷われた方がいたらお呼びしましょう。

その理由としては、迷われた方に葬儀を終えた報告をしたり、その方が誰かから聞いたりしたとき、「どうして呼んでくれなかったの」と言われることがあるからです。

お呼びしない方には訃報の案内に故人や家族の意思により、家族だけで葬儀を行う事を知らせましょう。

様々な風習や習慣があるように、葬儀にもその地域の風習がある

地域によって今もなお様々な風習や習慣があるように、葬儀にもその地域・地区の風習があります。

昔に比べ現在は減っていますが、その地域・地区に受け継がれた風習が今も行われています。

家族葬、一般葬の区分けはなくその地域の風習として受け継がれており、埼玉県や千葉県などの関東地区、中国・九州地区、関西地区とそれぞれの風習が色々とあります。

その一例をあげると、関東(埼玉県・千葉県など)・中国・九州では故人が愛用していた茶碗を、出棺のときに割ると言う風習があります。

関西(大阪・京都・滋賀など)では葬儀が友引に重なる場合、棺に友の身代わり人形を入れる、と言うのもあります。

他の地域では香典に領収書が出るところもあります。

新聞に訃報が載るというと著名人、と思いますが、とある地域では一般の方でも新聞に訃報広告を出したりと、それぞれの地域・地区によって特徴的な風習が今もあります。

冠婚葬祭のマナーは知っておいて損はありません。

これだけはおさえたいマナー//意外と知らないNGも…。知って安心!お葬式の服装マナー | クックパッドニュース

例えば、嫁いだ先や結婚相手の実家、親しい友人が自分の知っている葬儀と違っていた、なんて事もあるかもしれません。

嫁ぎ先や結婚相手の実家であれば、家族に聞いておくことが出来ます。

ですが、友人や知人にお宅の葬儀はどういうの?なんて聞きにくいですよね。

自分が知っているマナーだけではなく、こんな風習やマナーがあるんだと言う事を覚えておけば、もしもの時、驚くことなく臨機応変に対応できるのではないでしょうか。

故人との最後の別れを逃さないよう、葬儀の習慣を再確認

『後火葬』『前火葬』『骨葬』と、葬儀の火葬が3種類あると以前紹介しました。

『後火葬』は「通夜→葬儀→火葬」の順、『前火葬』は「通夜→火葬→葬儀」の順、『骨葬』は「火葬→通夜→葬儀」といった順に進行します。

地域の環境によって型式は様々で、千葉県の一部地域では「前火葬」を行いますが千葉県の都市部など、現代社会の多くは「後火葬」になってきています。

ですが、葬儀の後に火葬、と思って友人・知人の葬儀にいったら火葬が済んでいてお顔を見ることが出来なかったと言う人もいます。

地域や環境によって習慣や風習が様々なように、「当然こうだろう」「これが当たり前」という考えは故人との最後の別れを逃してしまう可能性があります。

訃報の連絡が来た際には、念のため火葬がいつ行われるのか聞いておくのがいいでしょう。

さて、その「火葬」ですがお骨にするさいはもちろん「火葬場」に行きます。

故人の最後まで立ち合い、お骨を拾いたいと思う人もいますよね。

ですが、お別れに来てくださった方全員がそう言ってしまうと、ご家族・故人にとってもたいへん有難いお話ではありますが、無理なのです。

なぜ無理なのかと言うと、お骨を拾う際のスペースには限りがありますし、時間も決まっているからです。

火葬場へ行くのは「親族」もしくは「近親者」のみが一般的で、親族からお声がかかったと言う場合は火葬場へ同行しても問題ありませんが、自分から勝手に行く、行きたいと言うのは絶対に止めましょう。

千葉県の一部の地域ではさきに火葬をすることも

葬儀での火葬と言えば、葬儀の後に火葬をすると言うのが一般的ですが、千葉県房総地域など一部の地域ではさきに火葬をする前火葬が普通とされています。

先に火葬をするのかと驚いた方もいるのではないでしょうか?

その反対に、前火葬が一般的ではないのかと驚い方もいるでしょう。

実はお葬式の火葬は『後火葬』『前火葬』『骨葬』3種類があるのです。

これらは地域によってことなり、北海道や東北地方では『前火葬』や『骨葬』が多く、関東や関西、九州等の地域では『後火葬』が多いという傾向にあるようです。

しかし、同じ関東でも千葉県房総地域の一部では『前火葬』を行うところもあり、地域によって順番が異なります。

ここの地域はこの方法、ここからはこの方法と明確に分ける事は出来ませんが、なぜ先に火葬を済ませるのかという理由は、その地域の環境によるものではないかと言われています。

北海道等の豪雪地帯では、雪が激しくお葬式に行くことが困難のため、先にお骨にし、雪が落ち着いてからお葬式をしたとも言われています。

気温の熱い地域ではご遺体がすぐに腐敗していまう、伝染病を予防するという理由で先にお骨にした。

海沿いの地域では漁に出て行った人を待つ事が出来ないので先に火葬してしまう、と言ったように住んでいる地域、生活環境によって火葬の順番に違いが出たのではないかと言われています。

『後火葬』が一般とされている地域でも、ご遺体の損傷が激しい場合などは先に火葬を済ませる場合もあります。