様々な風習や習慣があるように、葬儀にもその地域の風習がある

地域によって今もなお様々な風習や習慣があるように、葬儀にもその地域・地区の風習があります。

昔に比べ現在は減っていますが、その地域・地区に受け継がれた風習が今も行われています。

家族葬、一般葬の区分けはなくその地域の風習として受け継がれており、埼玉県や千葉県などの関東地区、中国・九州地区、関西地区とそれぞれの風習が色々とあります。

その一例をあげると、関東(埼玉県・千葉県など)・中国・九州では故人が愛用していた茶碗を、出棺のときに割ると言う風習があります。

関西(大阪・京都・滋賀など)では葬儀が友引に重なる場合、棺に友の身代わり人形を入れる、と言うのもあります。

他の地域では香典に領収書が出るところもあります。

新聞に訃報が載るというと著名人、と思いますが、とある地域では一般の方でも新聞に訃報広告を出したりと、それぞれの地域・地区によって特徴的な風習が今もあります。

冠婚葬祭のマナーは知っておいて損はありません。

これだけはおさえたいマナー//意外と知らないNGも…。知って安心!お葬式の服装マナー | クックパッドニュース

例えば、嫁いだ先や結婚相手の実家、親しい友人が自分の知っている葬儀と違っていた、なんて事もあるかもしれません。

嫁ぎ先や結婚相手の実家であれば、家族に聞いておくことが出来ます。

ですが、友人や知人にお宅の葬儀はどういうの?なんて聞きにくいですよね。

自分が知っているマナーだけではなく、こんな風習やマナーがあるんだと言う事を覚えておけば、もしもの時、驚くことなく臨機応変に対応できるのではないでしょうか。